FC2ブログ
 

貧困家庭の悪あがき。

心から、願った。


くみです。

今日も午前中はリハビリに励み、良い汗をかいてお風呂に入れて貰いました。
入院生活、至れり尽くせり。
髪の毛まで乾かして貰って、寝そうになりました。


昼御飯を食べ終わり、ウトウトしてる時。
息子が現れた。
息子の横には、変人息子と高3から付き合ってくれている彼女が居た。


会ったのは忘れるほど前になる。
お互い、「久し振りー」とご挨拶。
息子が「ここじゃ、話が出来ないから」と談話室に行くと言う。


義足の無い私は松葉杖を取り出して、彼女に手を借りて立ち上がり談話室に。

なーんか、深刻そうな二人。
別れた?
別れたのに話があるわけないやん?
え、出来ちゃった?
ま、何でも良いけど…
と、思いながら。
しかし、妙に暗すぎるほどに暗かった。


息子が…
「母ちゃん、実はさ結婚しようと思ってる」
私が、
「うんうん、おめでとう。」

更に暗い顔した息子が…
「ただ、孫の顔は見せられないんだ。」
彼女が…
「体調が悪くて色々と検査をした結果、子供は授からないと言われました。」
と、半泣き状態。


私…
「身体、しんどくないの?今は大丈夫なん?
それで、結婚するのに何か問題があるんか?」

息子が…
「いや、だから孫は見せられないって」
私…
「別に孫を見たくて、アンタを生んだ訳じゃ無いよ?お母さん、アンタ達が幸せになってくれたらそれで良い。腹の底から笑える様な日がある様にって、いつも願ってる。それだけ。」


息子達の考えも分かる。
でも、息子達の人生。
子供を授かる事は奇跡にも近いと思う様な感じもする。

それが叶わないと分かってるなら、自分達の人生を見据えることも出来るだろうし。
親が孫の顔を見たいと言って、二人が重ねてきた時間を壊す事など出来ないし。


彼女の想いを考えると…
本当に胸が締め付けられる。
それと同時に、彼女の両親の気持ちも。
自分の身に置き換えたら、娘が心配で堪らないだろうと思った。


彼女のお母さんは、何か話してるのかと聞くと。
「相手の御両親の意見を尊重して、結婚話は進められないと言ってます」


「結婚は二人の問題。私はそう思うし、是非とも貴女に息子と一緒になって欲しいと思います」
と、バカ息子の母親が言ってたと伝えるように彼女に言いました。


てか、彼女の御両親は家の息子で良いのだろうか?
私にしたら、そっちの方が問題だわ。


息子よ、幸せになれ。
心から、母は願ってるぞ。


あーお金の頼みじゃ無くて良かったわ。
夫には、私が今から話します。


病院で聞く話じゃ無いと思うけど?
何か意味あるのか?

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する