FC2ブログ
 

貧困家庭の悪あがき。

夫に、慰められる。







くみです。

夫は、仕事です。
「今日も夕飯は、カレーだよね?施設もカレーかもしれない」
と、職場の昼ご飯もカレーかもと心配しながら出勤して行きました。


支払いが、他にもある事を忘れて居た私。
昨夜、夫が帰って来てその話をしました。
夫は「へっ?」って、言う顔で私を見てました。

夫の話しを聞くと?
夫は、分かって居たと言うんです。
私が、ガス代と家賃の足りない分が支払えると喜んでるのを
見て不思議に思わなかったかを聞くと?

悪くて言えなかったと言うんです。
だから、自分が月末に誕生日と父の日に貰えるのを期待して
それを渡して何とかしようと思ったらしい。

果たして、子供達が夫にも現金で誕生日と父の日のお祝いを
くれるかどうかも分からない。
その辺は、私も何とも言えないが、出来ればそうだったら嬉しい。
それは、今は置いといて・・・・


夫が、支払いが他にあるのを分かってた?
これも、聞いた時は怪しいと思った。
なんせ、私が話をしていても聞いてるかどうかも分からなかった。
何を言っても聞いても上の空で、私は腹を立てて何度もふて寝をした。

夫に、他に支払いがあるのをどうして知ってたかを聞いてみた。
すると・・・
「通帳と印鑑、クレカを目の前に置いて行かれた時に見た。計算もした。
引き落とし日を自分の手帳に書き写して、出来るだけ給料日に引き落とし
される所だけ残して、他の日の支払いを返済したいと思った」
と、言うんです。

そして、自分の手帳を私に見せました。
夫の、真面目な字を久々に見ました。
カード会社と引き落とし日と、返済額を全て書いてありました。
そして、4月分を支払った後の残金まで。
カードローンの返済をした日と、返済額。
返済を完了したと、電話連絡をした時間まで。

私、夫をなめてました。
馬鹿にしてました。
馬鹿だと思ってます・・思ってました。
しかし、几帳面さは素晴らしいのだと思いました。
他は、分かりません。

手帳には、私が知りたい事が一目瞭然で分かる様に
書いてありました。
見直しました。
と言うか、ちゃんと言ってよって感じもありますが?
ホッとして、喧嘩する気持ちもありませんでした。

夫に、「ノートに書きだして置こうと思ったんだけど?嫌気が
     さして書けなかった。」と、言うと。

「俺は、仕事してる時は考えなくて済むけど。家に居るとお金の事ばかり
考える様になるからな仕方ねーよ」って、夫が言う。

私、初めて夫の夫らしい姿を見たような気がします。
言葉でしか無いですが、こんな事を言える人だとは思えませんでした。
私の気持ちが少しだけ、少しだけですが・・・
楽になったんです。

夫の言葉を聞いても、借金は減りませんが?
前向きに取り組む気持ちになりました。
毎日、数字と睨めっこ。
老眼の私には、辛いです。





夫の、優しさに触れた感じで和みました。
が、夕飯のカレーは続行です。
食べなければ、予定が狂ってしまいます。

これからは、しっかりとした計画が大事だと思います。
ここで、夫の言葉にほだされてしまっては、夫の為にも良くありません。
カレーは認知症予防にも役立つと聞いて、益々夫に食べさせたいと
思いました。

今回の夫の行動は、私が自然と促した事でもありますし。
余りにも不甲斐無い夫を、私が断腸の思いで引き離すという事を
したから。
なので、夫が褒められる事では無いのかも知れません。

今夜も、夫と支払い会議です。
夫の手帳と残ってるお金を、置いて目の前で振り分けて行きたいと
思います。
お金の行方は、2人で知って居ないと上手く行かないです。










PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する